私たちの家づくり

wb工法の家

通気断熱WB工法とは

「通気断熱WB工法の家(透湿)」は、室内を透湿性クロスで仕上げた、湿気を通す家です。
家の健康は通気と透湿で保つことができますが、通気を止める窒息気密住宅は壁全体の蒸れやシックハウスなど様々な害が発生する可能性が高くなり、健康的な住まいとは言えません。
通気断熱WB工法の家は、壁体内にある熱感知式形状記憶合金(耐久性に優れたチタンとニッケルを合わせた合金)により、気候の変化に応じて家自身が呼吸するように、自然に通気・調湿を行ないます。
自然に寄り添うように、健康で快適に暮らせる住まいを実現したのが通気断熱WB工法の家です。

  • 夏

    ●夏は各所の通気口が自動的に開き、自然な通気を生み出します。

  • 夏

    ●冬は各所の通気口が自動的に閉じ、保温効果を高めます。

通気層+形状記憶式自動閉鎖装置を利用

※WB工法は室内換気不要の大臣認定を受けていますが、現行法上、第三種換気設備を設置いたします。

雨楽な家の特長

WB工法の家は透過のチカラによって室内環境を改善し、家・地球・人に優しい住まいを実現しました。
私たちは、WB工法を取り入れた健康に暮らせる安心の住まいをご提案しています。

  • 家の健康を育む自然な空気の流れ

    WB工法は、木の呼吸(調湿能力)で家の湿気を調節する自然な通気構造を組み込んでいます。日本の風土特有の湿気による蒸れ腐れを防ぎ、一年中快適な環境を保つことができます。

    外観

  • 家づくりから考える地球の健康

    日本建築から学んだ独自の構造は、夏は通気性がよく、冬は高い保温性を発揮します。室内温度を効率よく調整できるので冷暖房の使用を抑えることができ、省エネ・CO2削減、地球温暖化防止にもつながります。

    エコイメージ

  • 人の健康を支える構造、透湿気密

    湿気とともに化学物質や臭いなどが壁を透過することで、室内環境をクリーンに保つことができます。有害な化学物質によるシックハウス症候群やアレルギー性皮膚炎の発症を防ぎます。

    家族イメージ

WB工法でお悩み解決

日本の風土特有の高温多湿な環境は、壁内部の結露や湿気の原因となり建物の寿命を短くしていました。
WB工法の家は木そのものが家の湿度を調整して、四季を問わずほぼ一定に保つことができます。
健康・耐久性・省エネを追求したWB工法の家はこれまでの住宅に関するのお悩みを解決に導きます。

寒さ解決
暖房した空気を逃がさないように壁内部の上昇気流を防ぎ、天井付近にある暖気を床に下ろします。
家全体の湿気を35%~50%に保つのでほとんど結露しません。
蒸し暑さ解決
直射日光による焼けこみの蓄熱を防ぎ、更にその焼けこみを外部に放出します。
床下の冷気を壁から小屋裏へ上昇させることで室内の熱と湿気を逃し蒸し暑さを緩和します。
夜気温が下がり涼しくなった家を可能な限り持続させます。
化学物質解決
湿気に溶け込むホルムアルデヒドなどの化学物質を壁から通気層へ排出し、棟から外へ放出させます。
冬場は3トン(40坪の家の場合)の木材による調湿能力で封じ込め、暖かくなって放出します。
結露解決
壁材に透湿材を採用して通気層を設け、更に木材の働きにより湿度は35%~50%に保たれます。
結露が発生しにくいので洗濯物を干したり、観葉植物を置いていただいても大丈夫です。
腐食解決
伝統的な日本の住まいは長寿でしたが、近年は寒さ対策で気密性を求めるようになりました。
これにより通風を妨げ、湿気を生み腐食菌を発生させています。
WB工法で家自信を呼吸させることで家の耐久性が高まり長持ちします。

家づくりの重要ポイント「WB工法のおすすめ7カ条」

  1. 家が呼吸する家にする。
  2. 壁材には湿気を通す素材を選ぶ。
  3. 2重通気層とし、通気層と主断熱を区分する。
  4. 外気層は木影の原理、内装壁は呼吸する重ね着の原理。
  5. 冬の冷えこみは、内壁層の空気の対流が原因なので、
    その空気を静止できること。
  6. 夏は、断熱材が蓄熱材とならない素材を選ぶ。
  7. 地熱の有効利用は、省エネポイント。

家づくりへの想い

私は物造りが幼少の頃より好きでした。将来は大工になる夢を持っていた時もありました。
家一軒をつくることの壮大さ、一生に一度の大事業に関わる責任の大きさは並大抵のことではありません。

この私が一生に一度の家づくりに対して、もっとも疑問をもったのが高気密住宅です。
現在の家は高気密にしなくても気密性がある程度保たれています。
国の方針、また省エネに対する考え方により、機密性を持った家が良い家だという時代の流れがありました。

内観

外観

特に工場でほぼ出来上がる住宅はその最たるものと思います。
その時代の要求にそって高気密住宅が建てられ続けている。
しかし、表に出ない人の病が増えているのは、世間にはあまり公表されない。
アトピー、ぜんそく、皮膚病、体のだるさ、この原因は高気密住宅にあると言っても過言ではありません。

省エネのために高気密にしてきた家づくりの大きな欠陥ではないでしょうか。
計画換気の強制化されたのは焼石に水といってよい。
省エネは誰もが望むことですが、高気密住宅でなくても、それ以上の省エネ住宅は出来るのです。

私たちは自然な家づくりは断熱がしっかり出来て、常に家の呼吸が出来るそんな家づくりに取り組んでいます。

WB工法に関する資料請求はこちら

0120-307-354

資料請求フォーム

資料請求・お問い合わせ

0120-307-354

メールでのお問い合わせ